夏の期間限定キャンペーン★カーポート『熱線吸収・熱線遮断ポリカ』無料グレードアップ!

炎天下で車内が灼熱のサウナ状態になり、お困りではありませんか?

夏の暑い日はジリジリと強い日差しにさらされて、大切な愛車の日焼けも心配になりますよね。

そんなあなたに、ライフ・ランドから期間限定のお得情報をお伝えします!

カーポートの『熱線吸収・熱線遮断ポリカ』オプションが無料!夏のキャンペーン!その内容は?

開催期間2021年7月1日(木)~2021年9月30日(木)
対象のお客様期間中にカーポート設置工事をご契約いただいたすべてのお客様
キャンペーン内容カーポートの屋根材を≪熱線吸収・熱線遮断ポリカ≫へ無料アップグレード

スタッフも自宅で利用しているほどおすすめな、カーポートのオプション機能『熱線吸収・熱線遮断ポリカ』。カーポートを施工するなら断然お得なキャンペーン!

熱線吸収・熱線遮断ポリカとは?

熱線吸収・熱線遮断ポリカとは、新素材を加えたポリカーボネート屋根材です。熱線(近赤外線)をカットし、真夏の太陽光線下での車内温度の上昇を抑えてくれます。また、表面を特殊コーティングしたポリカーボネート材は強度に優れ、車体の塗装や人体を有害な紫外線から守ってくれます。

熱線吸収・熱線遮断ポリカーボネートと一般ポリカーボネートの性能比較

同じ色のブルーススモークで、一般ポリカーボネートと熱線遮断ポリカーボネートを比較した場合のデータは以下の通りです。

なんと、熱線遮断ポリカーボネートを利用すると83%も熱線をカットできます。

一般ポリカーボネートの2倍以上の熱線カット率ですので、比べた時の涼しさは大きく違います。

パネル種一般ポリカーボネート熱線遮断ポリカーボネート
ブルースモークブルースモーク
熱線(赤外線カット率)約40%約83%
可視光線透過率約20%約11%
紫外線カット率約100%約100%
参考データ:三協アルミ


同じ色のブルーススモークで、一般ポリカーボネートと熱線吸収ポリカーボネートで比較した場合のデータは以下の通りです。

パネル種一般ポリカーボネート熱線吸収ポリカーボネート
クリアブルーブルーマットS
熱線(赤外線カット率)約37%約52%
可視光線透過率約31%約17%
紫外線カット率約100%約100%
参考データ:LIXIL

比較したデータで比べて頂くとわかりますが、熱線遮断・熱線吸収ポリカーボネートは一般ポリカーボネートと比べて非常に高い熱線カット率となり、かなり涼しくなることが分かります。

さらに両者を比較すると、熱線遮断ポリカーボネートが約83%、熱線吸収ポリカーボネートが約52%と、熱線遮断ポリカーボネートの方が熱線カット率が高いことが分かります。

どちらか迷っている方は、より涼しい熱線遮断ポリカーボネートをオススメします。

※LIXILでは熱線カット機能のカーポートは、熱線吸収ポリカーボネートとなり、熱線遮断ポリカーボネートのカーポートは販売しておりません。熱線遮断ポリカーボネートをご希望の方は、三協アルミのカーポートの商品をお選び下さい。

エクステリア外構見積もりお問い合わせバナーSP

熱線吸収・熱線遮断ポリカーボネートはどれくらい涼しくなるの?

熱線遮断ポリカーボネートを使ったとき、車内の温度がどれくらい変わるのかを具体的に比較したデータが以下の通りです。

 直射日光下一般ポリカーボネート熱線遮断ポリカーボネート
車内65.8℃50.5℃44.1℃
ハンドル表面85.6℃60.4℃48.2℃
ダッシュボード表面92.7℃66.5℃50.4℃
参考データ:三協アルミ

※測定日:平成16年7月28日晴れ気温34~36℃の実測値です。施工現場の状況により上記とは異なります。

また、 熱線吸収ポリカーボネートを使ったとき、車内の温度がどれくらい変わるのかを具体的に比較したデータが以下の通りです。

パネル種直射日光下一般ポリカーボネート熱線吸収ポリカーボネート
車内52℃48℃44℃
ダッシュボード表面83℃71℃62℃
参考データ:LIXIL

※測定条件:9月上旬測定気温30度での実測値。この数字は実測値であり、製品保証値ではありません


どちらのデータも、熱線遮断・熱線吸収ポリカーボネートの方が温度上昇をより抑えられているという結果が出ています。

特にダッシュボード表面温度は、顕著にその差が表れています。熱線カットの威力、恐るべしです。

弊社スタッフの家に熱線遮断ポリカーボネートのカーポートを設置していますが、体感的にも涼しさが全く違います。

炎天下でも熱線遮断ポリカーボネートの下であれば過ごせるので、プールを置いて家族の賑わいの時間を過ごせていると好評です。

熱線吸収・熱線遮断ポリカーボネートのキャンペーンはどれくらいお得なの?

通常時に熱線吸収・熱線遮断ポリカーボネートのアップグレードを利用した場合の加算額、今回のキャンペーンによるお得になる金額は以下の通りです。

例1 三協アルミ:スカイリード3台用58-80型

一般ポリカーボネート板→熱線遮断ポリカーボネート板へのグレードアップ

加算額32,120円分(税込み)がキャンペーン期間中無料!

例2 LIXIL:フーゴF3台用78-57型

一般ポリカーボネート板→熱線吸収ポリカーボネート板へのグレードアップ

加算額31,460円分(税込み)がキャンペーン期間中無料!

もちろん、1台用や2台用のカーポートでも 無料アップグレードキャンペーンは適用されます!プラン作成・お見積もり・ご相談は無料です!

このお得な機会を逃さぬよう、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

ライフ・ランド 岡崎電話予約

熱線吸収・熱線遮断ポリカを使用したカーポートの施工例

ライフ・ランドでは、以前より熱線吸収・熱線遮断ポリカを使用した、カーポートの施工が大人気!

「涼しくなるのは嬉しいけれど、透過率が下がるのは気になる…」とお悩みのお客様こそ、ぜひ実際の施工例で、機能性に優れた熱線吸収・熱線遮断ポリカオプションを使用した場合においても、美しい佇まいになるカーポートをご覧くださいませ。

YKK AP エフルージュ ツインプラス57-51・熱線遮断ポリカーボネート

2台用プラスの広々屋根のカーポートを設置しました。柱の外側にあるプラススペースがアプローチ部分にかかるため、雨の日でも雨を気にせず外出できます。

施工例のページはこちら

三協アルミ スカイリード5852 熱線遮断ポリカーボネート

2台用カーポートの三協アルミの【スカイリード】という商品を施工しました。三協アルミのカーポートの屋根材には熱線遮断ポリカーボネート板があるのが特徴で、熱線(紫外線)カット率が70%以上もあり、従来のポリカーボネート板のカット率16%と大幅に改善されています。

熱線遮断ポリカーボネート板は夏の日差しからお車を守ってくれる機能的なカーポート屋根材です。

カーポートの高さは背の高い車やキャリア付きの車にも対応できる2800mmの柱高さに設定しています。後ろの柱にはスポットライトを取り付け、夜でも安心して車の出し入れができます。

施工例のページはこちら

三協アルミ ダブルフェース5154 熱線遮断ポリカーボネート板 その1

2台分のカーポートを施工しました。駐車の際に切り返しが必要となるため、柱が邪魔にならない背面支持のカーポートを取り付けています。屋根パネルは熱線遮断ポリカーボネート板となっており、通常の屋根パネルに比べて熱量が半減します。

施工例のページはこちら

三協アルミ ダブルフェース5154型 熱線遮断ポリカーボネート板 その2

こちらも三協アルミ ダブルフェース5154型の施工例です。カーポートの柱が片側にあるため、大きな車でも出入りのしやすいものとなっています。

施工例のページはこちら

カーポートを施工するなら断然お得な期間限定キャンペーン!この機会をお見逃しなく!

カーポートを設置する予定があるのでしたら、熱線吸収・熱線遮断ポリカーボネートへの無料アップグレードキャンペーン期間中に、ぜひお問い合わせください。

無料で御見積を作成出来ますので、カーポートをご検討中の方は、お気軽にライフ・ランドにご相談ください。

ご来場の際は事前にお電話、またはWEBにてご予約の上お越しください。
ご予約の上ご来場&アンケートにお答えいただいた方には『人気のお菓子3つ』を特典としてプレゼントしております。

ご予約はこちら:0120-92-0223
WEB予約:予約ページはこちら

エクステリア外構見積もりお問い合わせバナーSP

理想のエクステリア探しは「外構ギャラリー」をご利用ください!

ライフ・ランドの最新情報