みなさんのお庭と室内をつなぎ、家族団らんのアウトドア空間となるウッドデッキ。

エクステリア(外構)の商品の中でもとても人気があるため、ウッドデッキの価格や相場を知りたいといった声をよく聞きます。

ウッドデッキには、樹脂で出来ているウッドデッキと、天然の木で出来ているウッドデッキの2タイプあります。今回は樹脂のウッドデッキの価格や相場についてお話します。

憧れのウッドデッキのお庭

ウッドデッキの価格・相場

ウッドデッキの価格はメーカー・種類によって異なります。各ウッドデッキの価格を比較して相場をお伝えします!

LIXIL:樹ら楽ステージ

2.8mx0.9m(2.6m2)で約12万円。1m2あたり約4.8万円
3.7mx1.2m(4.4m2)で約21万円。1m2あたり約4.6万円
5.5mx1.8m(9.9m2)で約36万円。1m2あたり約3.6万円

色は5色展開で、木目床板となります。ウッドデッキを支える束柱は2色から選べます。

三協アルミ:ひとと木2

2.8mx1.0m(2.8m2)で約11万円。1m2あたり約3.9万円
3.6mx1.3m(4.7m2)で約19万円。1m2あたり約4万円
5.3mx1.9m(10m2)で約34万円。1m2あたり約3.4万円

色は4色展開で、床板と木目床板の2パターンを選べます。ウッドデッキを支える束柱は4色から選べます。

YKKap:リウッドデッキ200

2.7mx0.9m(2.4m2)で約11万円。1m2あたり約4.6万円
3.7mx1.2m(4.4m2)で約19万円。1m2あたり約4.3万円
5.5mx1.8m(9.9m2)で約37万円。1m2あたり約3.7万円

色は4色展開で、ウッドデッキを支える束柱は2色から選べます。

メーカーごとの価格を比較してみると、ウッドデッキのおおよその相場がわかってきました。

みなさんのご希望のサイズに合わせて検討すれば、設置したいウッドデッキの概算の商品価格がわかると思います。

ウッドデッキのサイズ

ウッドデッキは、室内と庭をつなぐような役割で利用される方が多いため、リビング等の設置する部屋の窓の大きさに合わせると使いやすい計画となります。
ウッドデッキの上で食事もできるように設置する場合は、テーブルやイスを置くためにどれくらいのスペースが必要かをイメージすると計画しやすいと思います。

例えば、4人家族がゆったりと食事をするのであれば、70cmx140cm程度のテーブルとイスがおけるスペースがあればいいと思います。人が通るスペースも考慮して、3.6mx2.7m程度は必要かと思います。デッキは庭から50cmほど高くなっていますので、段差解消のため1段下がったところにローデッキを設置すると、デッキ上の空間を有効活用できます。

ウッドデッキの上でお子様のプールを置いて遊ばせる場合、円形では直径120cm程度、長方形では、100cmx150cm程度のプールが一般的だと思います。
お子様がプール周りを通ったり、大人がそばで見守ったりするスペースも考慮して、2.7mx2.1m程度は必要かと思います。お子様がウッドデッキから落下しないように、ウッドデッキ上にフェンスを取り付ける場合はさらに一回り大きいウッドデッキが必要です。

様々なサイズのラインナップがあるウッドデッキ

ウッドデッキを安く購入する方法

ウッドデッキは商品を購入するだけではなく、工事まで施工して完了となります。いくらウッドデッキの価格を安く購入出来たとしても、工事費が高かったり、雑な工事で完成度が低かったりすれば残念な結果になってしまいます。
そこでウッドデッキの価格を安く抑えられる、とっておきの方法をお教えします!

それは、エクステリア(外構)の専門店にウッドデッキの工事を依頼することです。なぜそれが安く購入できるかをご説明します。
もしハウスメーカーや工務店で依頼すると、ハウスメーカーや工務店は自社では直接工事をしないためエクステリア(外構)専門店にウッドデッキ工事を発注します。そこには余分な諸経費やマージンが上乗せされてしまいますので、その分ウッドデッキの価格が上がってしまいます。

また、見積もり比較サイトなどを利用する場合も、比較サイトの運営会社はサービスの運営料金をウッドデッキの価格に上乗せして表示するため、ウッドデッキの価格が余分にかかってしまいます。
しかし、エクステリア(外構)専門店に直接依頼をすれば余分な金額がかかりません。

エクステリア(外構)専門店はその名の通りエクステリア(外構)工事を専門としているため、たくさんのウッドデッキ工事を行っています。
年間に大量に材料を発注する分、発注元に安く仕入れるよう価格交渉が出来るため、激安値段で仕入れることが出来、格安な価格で提供出来るという訳です。また、エクステリア(外構)工事を専門としているので工事実績も多いところから、高い完成度の工事も期待できます。

ウッドデッキの工事が得意な会社に見積もりを依頼するには

せっかく見積もりをするのであればウッドデッキの工事が得意な会社に依頼したほうが安心です。先程お話ししたとおり、エクステリア(外構)の専門店に依頼をすれば安い費用で高い完成度のウッドデッキの工事が出来ます。
そこで、ウッドデッキ工事が得意で優良なエクステリア(外構)専門店を探すいくつかのポイントをお伝えします。

・ウッドデッキの施工実績が豊富にある:工事実績が多いということは、その分経験も豊富なので高い完成度の工事が期待できます。

・ウッドデッキの直近の工事実績が複数掲載されている:直近で工事を行っていれば商品のラインナップの知識や経験もあるので、良い提案を期待できます。

・エクステリア(外構)専門店としての企業歴がある程度長い:エクステリア(外構)の会社は競争が激しい業界なので、残念ながら設立から数年以内に倒産してしまう会社も多いです。工事後に何年かしてメンテナンスのために問い合わせたらもうその会社はなかった、という悲劇を防ぐためにも設立からある程度年数が経って軌道に乗っているエクステリア会社を選びましょう。

ウッドデッキにステップを設置すれば上り下りも楽々♪

ウッドデッキの価格や相場のポイント

いかがでしたか?今回はウッドデッキの価格相場についてお話しました。
ポイントをまとめると、
・ウッドデッキをどう利用したいかをイメージし、希望のサイズを考える。
・希望の寸法が決まったら、面積あたりの価格表を参考に概算の価格で相場を知る。
・自分が住んでいる地域の優良なエクステリア(外構)専門店を探して、最適なプランや見積りを提案してもらう。

ウッドデッキは構造自体シンプルですが、
・いざ設置しようとしたら雨樋や室外機が邪魔だった。
・ウッドデッキ下から草が生えてくるため、先にコンクリートや防草シートを設置すればよかった
・設置してみたら小さすぎてテーブルとイスが置けなかった。
などしっかりと計画しないと、トラブルとなったという声も聞こえてきます。

エクステリア(外構)の専門店 ライフ・ランドでは、愛知県の三河地区(岡崎市、安城市、刈谷市、豊田市、西尾市など)を中心にエクステリア(外構)工事を行っています。
お客様の要望をお聞きし、最適な商品を無料で御見積させて頂きます。もちろん工事までしっかり手配させて頂きます。弊社ショールームにはウッドデッキのサンプルもご用意しております。ぜひそちらも一度ご覧になり、参考にしてみてください。
ご不明な点などありましたらエクステリア(外構)のスタッフがしっかりとご説明させて頂きますのでご安心ください。

この記事が、みなさんの素敵なウッドデッキ作りお役に立てれば幸いです。

この記事を見た人は、こちらの記事もオススメです

ウッドデッキの施工例はこちら