レンガやブロックが施工当時より白くなってしまった。

レンガやブロック(特にレンガに多く見られる)が白くなる白華現象(エフロレッセンス)には「コンクリート内部(表層部)に侵入した水分が、蒸発する際に石灰分などの可溶成分とともに表面に染み出し固まる(一次白華)、もしくは空気中の二酸化炭素と反応して固まる(二次白華)」があります。

白華が軽い場合は壁面を水で濡らしスチールウールやサンドペーパーにより落とす事ができます。白華がひどいときは、酸性を含む洗剤(トイレ用洗剤)などで落とすことができる場合もあります。