憧れの人工芝!おすすめの種類をエクステリアのプロが説明

人工芝 種類
人工芝で快適お庭ライフを実現!

ご自宅にお庭がある人なら多くの方が憧れる、芝生のある素敵なお庭。ライフ・ランドにご相談いただくお客様の中にも、お庭のメンテナンスのことを考えて、人工芝を検討している方はたくさんいらっしゃいます。

しかし人工芝についてはネット上に情報が少なく、多くの方はご相談当初、人工芝に対して「グリーンが綺麗」「雑草が生えにくい」「でも庭全体を人工芝にすると、お値段が高いのでは」・・・と漠然としたイメージのみを持たれています。

そこで今回は、人工芝の基礎知識から、最新情報までを業界歴20年以上のエクステリアのプロが徹底解説します。ライフ・ランドのスタッフが実際に現場でよく使う、おすすめの人工芝を分かりやすく3種類ご紹介!人工芝を具体的に検討している方、これから検討する方、今は興味はないが今後のために参考にという方は、是非ご一読ください。

秋の人工芝キャンペーンエクステリア外構

人工芝の基礎知識

人工芝とは?

人工芝とは、芝生に見えるように加工された、ポリエチレンなどの合成樹脂素材で作られた芝生です。野球場やサッカー場などのグラウンドカバーとして開発されたことを発祥として、年々改良を重ね、家庭でも使用されるようになりました。

人工芝
近年の人工芝は種類が豊富!他の外構に馴染むよう改良されています。

人工芝のメリットとは?

天然芝や砂利などのお庭の素材と比べての、人工芝の最大のメリット、それは何と言ってもメンテナンスの楽さです。

人工芝を施工するには、下地となる土から石や雑草を取り除き、整地、転圧してから行います。そして、雑草が生えるのを防ぐ効果のある防草シートを敷きます。このような下地処理を行った上に人工芝を施工するので、雑草が生えにくくなります。

人工芝のある駐車場
駐車場のアクセントとして人工芝を設置した施工例。天然芝とは違い、車が上を通っても問題がなく、単調になりがちな駐車場を華やかにします。

水やりや草取りが必要な天然芝、砕石敷きなどのお庭と違い、お手入れの楽さは人工芝がナンバーワンです。

タイル貼りの美しい外水道と水周りに人工芝
水回りなど天然芝だと傷みやすい場所でも、お手入れ楽々。

人工芝のデメリットとは?

デメリットとしては、人工物である多少の違和感が生まれてしまうこと。例えば、木の葉が落ちるような冬場でも、人工芝は青々とした緑なため、自然の季節感を大切にされる方は、天然芝の方が良いかもしれません。

その他の人工芝のメリット・デメリット、天然芝のメリット・デメリットが知りたい方は、こちらの記事に詳しく説明してありますので、是非読んでみてください。

参考記事:天然芝と人工芝のおすすめ・違い比較をプロが解説!

参考記事

天然芝と人工芝のおすすめ・違い比較をプロが解説!

天然芝と人工芝のおすすめ・違い比較をプロが解説!

お家を建てる時、ほとんどのお家にはお庭が作られます。価格を抑えるなら土や砂利、雑草が生えるのが嫌ならコンクリートで固めるなど、お客様の必要に応じて仕上げを変えることができます。 その中でも圧倒的に人気なのが芝生です。お庭に芝生があれば、お子様が走り回っても安心です。また、緑があることでお家の印象がグ…

この特集を読む

人工芝のおすすめ3種類!特徴をご紹介

庭一面の人工芝
広々としたお庭には人工芝がぴったり!

ライフ・ランドの現場で実際によく使用している、おすすめの人工芝を3種類、ご紹介します。

人工芝のおすすめ種類1:ユニオンビズ メモリーターフ

人工芝のおすすめ種類
ユニオンビズ メモリーターフ

ライフ・ランドのスタッフの多くが使っている人工芝で、一番おすすめの商品は、ユニオンビズのメモリーターフです。人工芝を検討している方なら一度は耳にしたことがあるのでないでしょうか?

数種類の芝糸で自然に馴染む人工芝を実現

メモリーターフは、4色の芝糸で、あえて枯草の色まで混ぜることで、まるで天然芝のようなリアルな見た目を実現していているだけでなく、機能面もとても充実している人工芝です。

芝の断面は、V字+コア(芯)加工がしてあり踏んでもつぶれにくいにも関わらず、2種類の糸で縫い合わせているのでふわふわでボリュームのある作りになっています。

光との関係も考慮した造作で芝生らしさを追求

メモリーターフは、高密度で、芝が倒れていないため従来の人工芝のようなビニールっぽい不自然な太陽の反射がありません。そしてより自然な芝に見えるよう、つなぎ目が目立ちにくいような作りにもなっています。

人工芝ならではの高機能な加工が盛り沢山

また、裏面はウレタンコーティングをしてあり、耐久性と耐水性にも考慮しています。メモリーターフは見た目や機能性だけでなく、防炎性や遮熱性、抗菌などの生活に関わる様々なテストにもクリアしている点も、おすすめする理由の一つです。

ちなみに、筆者の家のバルコニーにもメモリーターフを約2年前から置いています。

屋根がほぼない真夏のバルコニーは、うっかり素足で歩いてしまったら足裏をやけどしますが、人工芝を引いていれば炎天下でもギリギリ素足で歩けます。夏はその上に大きなビニールプールを置いて遊んでいますが、毛足がつぶれることも、人工芝の色あせも今のところほとんどありません。人工芝を敷くことで、程よいクッション性が出るので、硬いバルコニーのタイルの上に直接プールを置くよりも、断然安心感も出ました。使い終わったプールの大量の水を流しても人工芝に水が溜まることもなく、水はけも何の問題もないことを実感しています。

メモリーターフのラインナップは?

メモリーターフのラインナップはたくさんあり、一般家庭の庭で使用するような通常のメモリーターフは、芝の長さ(芝丈)が25mm(ミリ)、28mm、50mmと3種類あります。ライフ・ランドでよく施工しているメモリーターフは25mmタイプです。

25mmなど芝丈が短いものは、程よいクッション性で、硬めでチクチクする感触は、駆りたての高麗芝に似ています。パイルが短いので掃除がしやすく、物を置いた時に安定感があります。

50mmなど芝丈が長いものは、フカフカとした手触りでクッション性が高いので、人工芝の上で寝ころんだり、座ったりする時間が長い人におすすめです。

好みや用途に合わせて、芝丈の長さを選んでくださいね。

メモリーターフの価格は?

メモリーターフの価格を知りたい方は、ライフ・ランドスタッフにお気軽にお問い合わせください!

人工芝のおすすめ種類2:ワンデックス ODターフJ(日本製)

メモリーターフの次に、ライフ・ランドスタッフが現場でよく使用する種類の人工芝が「ワンデックスのODターフ」です。比較的、コスパが良い人工芝です。ODターフは、中国製と日本製の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

日本国内の厳しい基準をクリアした人工芝

ワンデックスのODターフJは、品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO9001取得の国内工場で生産されている、純国産人工芝です。

ODターフJは、高密度で高品質なだけでなく、4色の芝糸が、天然芝のような濃淡のあるグラデーションを再現していて美しいので、ライフ・ランドの多くの現場でも使用しています。

また、ODターフJは裏地にもこだわっていて、裏地コーティングに高品質の国産SBR(スチレン・ブダジエンゴム)を使用することで、従来のものより軽くて柔らかい人工芝を実現しました。

また、ODターフJは日本防災協会の認定を受けています。自己消化能力が高く燃え広がりにくい安全な人工芝です。

ODターフJにはR型とC型の2種類があります。

高密度で見た目も美しい「ワンデックスODターフJ R型」

人工芝のおすすめ種類

芝糸の密度が、C型は約18,900/㎡に対して、R型は約27,720/㎡と圧倒的な高密度で、クッション性が高く倒れにくい人工芝を実現

高密度の平型パイルで、手触り・クッション性を重視する方におススメです。

丈夫な種類の芝糸を使用した「ワンデックス ODターフJ C型」

人工芝のおすすめ種類

芝糸が倒れにくいC型パイルを採用しており、長くお使いいただける人工芝です。

人工芝のおすすめ種類3: ワンデックス ODターフ(中国製)

人工芝のおすすめ種類

安価な種類で手軽に人工芝を実現!

中国製のODターフは、V字加工パイルで倒れにくくこちらも4種類の芝糸を使用して天然芝そっくりに仕上げています。
見た目は日本製のODターフJと似ていますが、触った時の感触は、日本製に比べてこちらの中国製の方が硬いです。
ライフ・ランドのショールームにも、サンプルが用意してありますので、是非ご自身で触って確かめてみてくださいね。
ODターフ(中国製)はODターフJ(国産)よりも安価なので、価格重視の方はこちらの人工芝をおすすめします。

ODターフの価格は?

ODターフJ(日本製) R型とC型の価格は同じで、
[幅1.5m×長さ10m×芝丈25mm]1ロール 60,000円(4,000/㎡)です。

ODターフ(中国製)は、
[幅2m×長さ5m×芝丈 25mm] 1ロール 37,500円 、
[幅2m×長さ10m×芝丈 25mm] 1ロール 75,000(3,750/㎡)円です。

どの種類の人工芝にするか悩んだら、外構のプロに相談しよう!

いかがでしたか?今回はおすすめの人工芝3種類についてお話ししました。
たくさんある人工芝の中からご自身で選ぶというのは難しいと思います。

まずは、インターネットなどで好みの人工芝をいくつか選んでみてください。
そして外構・エクステリア会社に、どの人工芝がご自身のお家に合うかをご相談いただければ、お客様に必要な条件を満たした商品をご一緒に見つけ出すことができると思います。

外構・エクステリアは愛知県のライフ・ランド


エクステリア(外構)専門店のライフ・ランドでは、愛知県の三河地区(岡崎市、安城市、刈谷市、豊田市、西尾市など)を中心にエクステリア(外構)工事を行っています。

お客様の要望をお聞きし、最適な商品を無料で御見積させて頂きます。もちろん工事までしっかり手配させて頂きます。弊社ショールームには人工芝のサンプルもご用意しております。ぜひそちらも一度ご覧になり、参考にしてみてください。

ご不明な点などありましたらエクステリア(外構)のスタッフがしっかりとご説明させて頂きますのでご安心ください。

この記事が、みなさんの素敵な人工芝選びのお役に立てれば幸いです。

人工芝の種類についてチェックした次は、こちらの記事もオススメです

人工芝の施工例はこちら