ウッドデッキを安く作る5つの方法
  • どうしたらウッドデッキの費用を抑えられるの?
  • ホームセンターやインターネット通販で買っても品質に問題はないの?
  • 高品質なウッドデッキを作る方法を教えて!

庭の空間を豊かに彩るウッドデッキ。

その魅力は多くの人が認めるところですが、気になるのはそのコストです。

ウッドデッキはたくさん種類があり、価格が異なるため、よく調べずに購入すると数万円高くなってしまうことも。

そこで本記事では、ウッドデッキを愛知県で安く作る方法、おすすめのウッドデッキメーカーを、業界歴20年以上の愛知県岡崎市のエクステリア・外構専門店ライフ・ランドが徹底解説していきます。

この記事を読めば、コストを抑えつつ理想のウッドデッキを手に入れる方法がわかり、高品質でお値打ちに購入出来ます。

ウッドデッキの費用をなるべく抑えて購入したい方はぜひご覧ください。

参考記事

愛知のウッドデッキ・タイルデッキギャラリー

愛知のウッドデッキ・タイルデッキギャラリー

写真から理想のウッドデッキ・タイルデッキを探すことができるギャラリー(写真一覧)ページです。おしゃれなウッドデッキ、お手入れが楽なタイルデッキなど、ぜひアイディア作りにご活用くださいませ。 また、こちらに掲載のウッドデッキ・タイルデッキは、全てライフ・ランドで施工可能!お見積もり・ご相談など、お気軽…

この特集を読む

2024物置が安い!冬の外構キャンペーン

ウッドデッキを安く作る5つの方法

ウッドデッキはお庭を素敵にするだけでなく、憩いの空間を提供するアイテムです。

しかし、予算が心配な方もいらっしゃるでしょう。そこで、費用を抑えつつ理想のウッドデッキを実現するための賢いアプローチを5つご紹介します。

天然木ではなく人工木ウッドデッキを採用

ウッドデッキには天然木と比べてメンテナンスが容易で耐久性にも優れた人工木があります。

この人工木は、リサイクル素材を用いており、天然木より低コストで提供可能です。人工木はカラーバリエーションも豊かで、腐食や虫害の心配も少なく、安価で持続可能なウッドデッキを望む方には最適です。

初期費用と長期にわたるメンテナンスコストを総合的に考えると、人工木ウッドデッキは経済的で現代的なお庭作りに適していると言えるでしょう。

天然木と人工木の違いを詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

>>天然木と人工木の違いを解説!

格安なメーカーのウッドデッキを狙う

予算に限りがある場合、ウッドデッキの材料を提供する格安メーカーを探しましょう。

LIXIL、YKKap、三協アルミなどの大手エクステリアメーカーのウッドデッキは、それぞれ低価格で流通の多いウッドデッキがあります。

標準的な仕様で、標準的な施工費となっているので、トータルの費用を抑えることに繋がります。

LIXILの樹ら楽ステージ

樹ら楽ステージ

リウッドデッキ200

ひとと木2
メーカーLIXILYKKap三協アルミ
サイズ2750㎜×928㎜2651㎜×920㎜2760㎜×1020㎜
デッキ高さ550㎜550㎜550㎜
5色5色4色(床板)+2色(木目床板)
カタログ参考価格(税抜142,440円~135,400円~133,600円~
商品価格+工事費約10.8万~12.4万円約9.8万~11.2万円約10.1万~11.5万円
詳細詳細詳細詳細
安くておすすめなウッドデッキの価格比較(2024年1月現在)

外構専門店で見積もりを取る

外構業者ごとに価格は異なるため、複数の外構専門店から見積もりを取ることが肝心です。

また、専門店には経験豊かなスタッフがおり、適切なアドバイスをもらえることも大きなメリットです。

見積もり時には、予算を明確に伝えておき、その範囲内で最良のプランを提案してもらいましょう。その際、施工範囲や使用する材料の詳細を把握しておくことで、後々のトラブルも防げます。

相見積をして価格交渉をする

1社だけでなく複数社から見積もりを取り、比較検討することが重要です。

相見積もりは最大3社からとることをおすすめします。

見積もり結果をもとに各社に価格やサービスの交渉を行うことで、予算に見合った施工を実現できる可能性が高まります。各業者の特徴を理解し、トータルのコストパフォーマンスで判断することが賢明です。

交渉時には競合する見積もりを提示するのも一つの手段です。

安くなる時期を狙う

ウッドデッキの施工は、季節によって需要が変動します。需要が低い季節、たとえば冬場などに施工を依頼すると、割引が適用されることがあります。

また、年度末や決算期には業者も販売目標を達成するためサービスを提供しやすいため、積極的に見積もりを依頼するのが良いでしょう。

このように、時期を見計らうこともコストを抑える戦略となります。

安くておすすめなウッドデッキのメーカー

おしゃれで快適な外構を希望する方には、ウッドデッキ選びは外構計画において重要な要素です。

コストパフォーマンスに優れ、品質も安心できるメーカーを選ぶことは、長期的な満足度に繋がります。

ここでは、安価でおすすめのウッドデッキメーカーを3つご紹介します。

LIXILの樹ら楽ステージ

樹ら楽ステージ

リウッドデッキ200

ひとと木2
メーカーLIXILYKKap三協アルミ
サイズ2750㎜×928㎜2651㎜×920㎜2760㎜×1020㎜
デッキ高さ550㎜550㎜550㎜
5色5色4色(床板)+2色(木目床板)
カタログ参考価格(税抜142,440円~135,400円~133,600円~
商品価格+工事費約10.8万~12.4万円約9.8万~11.2万円約10.1万~11.5万円
詳細詳細詳細詳細
安くておすすめなウッドデッキの価格比較(2024年1月現在)

LIXIL:ラインナップが豊富

LIXILの樹ら楽ステージ
ラインナップが豊富なLIXILの樹ら楽ステージ

LIXILは住宅設備の大手メーカーであり、デッキ商品に関しても多岐にわたるラインナップを提供しています。

豊富なラインナップの中でおすすめの商品は『樹ら楽ステージ』です。デザイン性も高く、多くの方に選ばれるLIXILで人気のウッドデッキです。

樹ら楽ステージは、エコ素材で作られた人工木のウッドデッキなので、風雨による劣化を気にすることなく、またお掃除などのメンテナンスも簡単です。

敷地に合わせてサイズや形状を自由に設計・加工できるので、家族の暮らしに最適のスタイルが実現します。

YKKap:人工木ウッドデッキ先駆者の信頼

人工木ウッドデッキ先駆者のYKKapのリウッドデッキ200

人工木材を利用したウッドデッキで知られるYKKapは、板の隙間が狭いのが特徴の『リウッドデッキ200』がおすすめです。

「リウッド」(再生木)は、天然木と比較して耐候性、耐腐朽性、耐水性に優れているため長期にわたり快適なデッキライフを味わうことができます。

また、主原料に高度の高いポリプロピレンを利用しているため、ひっかき傷に強く天然木特有のささくれが無いのも特徴です。

デッキ材間の目地幅は、意匠性・安全性を考慮した3㎜幅を採用しており、ほとんどすき間が無く、カードも落ちません。また、光がもれにくく、デッキ下に草が生えにくい構造となっています。

三協アルミ:独自のユニーク商品も展開

独自のユニーク商品も展開する三協アルミのひとと木2

三協アルミは、独特のアイデア商品で注目されるメーカーです。

『ひとと木2』は、他メーカーにはない木目床板が特徴の三協アルミおすすめのウッドデッキです。

床材は天然木の温もりのある風合いを再現した床板と、表面を凹凸加工し木目風の柄を施した木目床板の2種類のから選ぶことができます。

木粉を配合しているので、温もりのある柔らかい木質感を再現し、やさしい手触りで、天然木に生じる割れや節がなく反りはほとんどありません。

LIXILの樹ら楽ステージ

樹ら楽ステージ

リウッドデッキ200

ひとと木2
メーカーLIXILYKKap三協アルミ
サイズ2750㎜×928㎜2651㎜×920㎜2760㎜×1020㎜
デッキ高さ550㎜550㎜550㎜
5色5色4色(床板)+2色(木目床板)
カタログ参考価格(税抜142,440円~135,400円~133,600円~
商品価格+工事費約10.8万~12.4万円約9.8万~11.2万円約10.1万~11.5万円
詳細詳細詳細詳細
安くておすすめなウッドデッキの価格比較(2024年1月現在)

安くておすすめなウッドデッキのメーカーについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

>>おすすめウッドデッキメーカーの特徴比較!

ウッドデッキを安くつくる3つの注意点

費用を抑えつつも良いウッドデッキ

ウッドデッキ作りは費用面だけでなく、安全性や長期的な満足度も視野に入れて検討することが重要です。

ここでは、費用を抑えつつも良いウッドデッキを手に入れるための3つの注意点をお伝えします。

過度な価格交渉は工事品質が悪くなり危険

価格を安くするために過度な交渉を行うと、業者側も利益を確保するため、どこかでコストカットを行う可能性があります。

それが材料の質や施工の手間を省くことに繋がり、最終的にはデッキの耐久性や安全性が損なわれてしまう恐れがあります。

予算内で最良の選択をするためには、適正価格であることを理解し、適切なコストで良質なウッドデッキを手に入れることが大切です。

ウッドデッキの費用相場を詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

>> ウッドデッキの費用相場はこちら

ネットショップは施工品質にばらつきがある

ウッドデッキの部材をネットショップで購入する際は、商品自体の品質ばかりでなく施工品質にも注意が必要です。

ネットショップでは低価格で購入できる場合が多いですが、施工については業者によって技術水準に差があります。

また、アフターサービスの面でも不安が残ることがあるため、購入前には外構業者の評判や過去の実績をしっかりと確認することが重要です。

ウッドデッキのDIYキットは初心者には難しい

DIYキットを使用してウッドデッキを自ら組み立てると、工事費を大幅に節約できるかもしれません。

しかし、基礎知識や技術が不十分な初心者がチャレンジすると、組み立てに失敗したり、安全上の問題が生じたりする可能性があります。

ウッドデッキの施工は正確な測定や水平などの専門的な技術が要求されるため、正しい知識を持っていない方は、専門的な知識や技術を持った外構・エクステリアのプロに依頼することをおすすめします。

DIYウッドデッキのコツを詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

>>DIYウッドデッキのコツをプロが教えます!

ウッドデッキを安く建てるときのよくある質問

おすすめウッドデッキメーカーリクシル・三協・YKK・B-Life.sの特徴比較!
限られた予算の中でも快適でおしゃれなウッドデッキを

ウッドデッキを低予算で建てるためには、気になることはしっかりと解決しておきたいと思います。

安くウッドデッキを建てる時によくいただく質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

ウッドデッキは何年くらい持ちますか?

人工木ウッドデッキの耐用年数は、素材によって異なりますが、一般的に20年~30年程度といわれています。

天然木ウッドデッキの耐用年数も、使用する材質や設置環境によって異なりますが、5年~15年程度といわれています。

耐用年数は設置場所や、普段のお手入れの仕方によっても異なるため、ウッドデッキの定期的なメンテナンスを行うことが大切になってきます。

ウッドデッキ 何日でできる?

ウッドデッキの施工期間は、デッキの規模や設計の複雑さ、天候などによって変わりますが、小さなものであれば2日~3日で完成することも珍しくありません。

ただし、基礎工事をしっかり行い、丁寧に作業を進めたい場合は、もう少し時間を要することも考えられます。

計画を立てる際には、余裕を持ったスケジュールを考慮することをおすすめします。

ウッドデッキの素材で腐らないものは何ですか?

ウッドデッキの素材には幾つかの選択肢がありますが、天然木で腐りにくいものを求めるなら、耐久性に優れた硬木や加圧処理された木材が適しています。

この他にもリサイクル素材を利用し、メンテナンスが容易で耐久性にも優れた人工木があります。腐食や虫害の心配も少なく、安価で持続可能なウッドデッキを望む方には最適です。

環境や使用状況に応じた素材選びが、長く愛用するためには大切です。

どれもおしゃれで迷う!どんなウッドデッキにしようか悩んだらプロに相談しよう!

数あるウッドデッキの中から選ぶというのはなかなか難しいと思います。

まずは、ご自身でインターネットやカタログで好みのウッドデッキをいくつか選んでみましょう。

その後、エクステリアのプロであるエクステリア専門店に、どのウッドデッキがご自身のお家に合うのか相談してみてください。その際、家の外観写真やイメージ図、敷地図などの図面があれば、エクステリア専門店のスタッフが、より具体的にアドバイスできると思います。

いかがでしたか?今回はウッドデッキを安く作る方法についてお話しました。

エクステリア(外構)専門店のライフ・ランドでは、愛知県の三河地区(岡崎市、安城市、刈谷市、豊田市、西尾市など)を中心にエクステリア(外構)工事を行っています。

お客様の要望をお聞きし、最適な商品を無料で御見積させて頂きます。もちろん工事までしっかり手配させて頂きます。スタイリッシュなカーポートSCをはじめ、人気なエクステリア商品を取り揃えております。

>> カーポートSCの価格・工事費完全ガイド

弊社ショールームには実際にLIXILのウッドデッキ、樹ら楽ステージの展示、施工写真やカラーサンプルもご用意しております。ぜひそちらも一度ご覧になり、参考にしてみてください。

ご不明な点などありましたらエクステリア(外構)のスタッフがしっかりとご説明させて頂きますのでご安心ください。

この記事が、みなさんの素敵なサンルーム(ガーデンルーム)作りのお役に立てれば幸いです。