一戸建てを建てる人なら、必ずと言っていいほど設置するフェンス。特に、家のお庭部分に設置するフェンスのことを目隠しフェンスと呼びます。住む人や来訪した人だけではなく、通りすがりの人の視界にも入る目隠しフェンスは、機能的なだけでなくおしゃれなものを選びたいですよね。目隠しフェンスのデザインで、家の印象も変わってくるため、おしゃれな目隠しフェンスを選びたい!という方は多くいると思いますが、巷にはありとあらゆる種類の目隠しフェンスが出回っているため自分で選ぶのは大変です。そこで!エクステリア(外構)のプロが4つ、おしゃれで機能的な目隠しフェンスをご紹介しますので参考にしていただければ幸いです。

エクステリア(外構)のプロがおすすめするおしゃれで機能的な目隠しフェンスって?

今回は、国内で主要なエクステリア(外構)メーカーである、LIXIL、タカショー、YKKから、おしゃれで機能的な目隠しフェンスを写真付きで分かりやすく紹介します。

LIXIL(リクシル):フェンスAA

今いちおしの目隠しフェンスは、LIXILの『フェンスAA』です。
その中でもおすすめのタイプは、YR1型(横格子〈ランダム〉)です。2種類の格子をランダムに配置していて、とても今っぽくおしゃれなデザインになっています。カラーは、ラスティックオーク、クリエラスク、クリエモカ、クリエダーク、チェリーウッド、オーク、エクリュアイボリーの7色展開です。LIXILのフェンスのカタログの表紙にも使われているオークカラーは、いろいろなカラーの外壁やエクステリアとも相性がよく、いちおしのカラーです。

LIXILは、フェンスだけでなくあらゆるエクステリアアイテムのラインナップがあるので、カーポートやウッドデッキなどの他のエクステリアアイテムもLIXILで揃えることで、エクステリア全体により統一感が出るのも嬉しいですよね。

ナチュラルテイストがトレンドの今は、住宅内部だけではなく、目隠しフェンスもナチュラルな雰囲気のものがおしゃれです。フェンスAAは、メンテナンスしやすいよう、もちろんアルミ形状ですが、とにかく木の素材感にこだわって作られていて、木目の凸凹やR(カーブ)も天然木そっくりに表現されています。フェンスの端や柱につけるキャップも木調のデザインだったり、フェンスの内観も全て木調でデザインされていたりと徹底的に木質表現にこだわって作られたフェンスなので、目隠しフェンスに迷ったらとりあえずフェンスAAをプランに入れてみたらいかがでしょうか?

フェンスAA 本体価格 ¥54,200(税別)~

LIXIL(リクシル):プレススタフェンス 8S型

こちらの『プレスタフェンス』は、先ほどのフェンスAAに比べスタイリッシュなデザインなので、ナチュラルテイストよりも、シンプルで洗練されたデザインを好む方におすすめです。
プレスタフェンスの中でも8S型は爽やかなクリアグリーンで、見た目も涼しげです。見た目は程よく個性を出しつつも、ルーバーブレイドで採光と通風は確保します。クリアグリーンのブレイドは、光は適度に通しますが、透明度が低いため、フェンスから少し離れるだけで透けて見えることありません。採光と通風だけでなく、プライバシーも確保してくれるのは嬉しいですね。プライバシーの確保によりこだわる方には、オプションで、下桟すきまカバーをつけることもできます。
プレスタフェンス8S型の本体・柱のカラーバリエーションは、オータムブラウン、シャイングレー、ブラック、ナチュラルシルバーFの4色展開です。個人的には、クリアグリーンのブレイドと一番相性が合う本体カラーはナチュラルシルバーだと思うので、カラーに悩む方はこちらの組み合わせにしてみてはいかがでしょうか?

プレスタフェンス 8S型 本体価格 ¥37,700(税別)~

タカショー:エバーアートボード フェンスセット

フェンスに個性を出しつつ、プライバシーを重視したい方におすすめしたい目隠しフェンスが、タカショーの『エバーアートボード フェンスセット』です。
エバーアートボードとは、高耐久性のラッピングシートを貼ったアルミ製の建材パネルで、屋内でも屋外でも使用可能なテクスチャーパネルです。
木柄33色、石柄20色、メタルカラー12色、和柄15色、塗り壁8色と、なんと合わせて88色ものカラーバリエーションがあるので、好みのデザインカラーが必ず見つかると思います。また、シートの著しい変色や、はがれについて10年保証がついているため安心です。
エバーアートボード フェンスセットは、アルミの柱に好みのデザインのエアーボードパネルを貼ることでフェンスとして使用します。家や庭の雰囲気に合わせて、豊富なカラーバリエーションから好みのデザインのパネルを選んで、プライバシーを重視した個性的なフェンスをつくってみてください。

話は少し逸れますが、エバーアートボードは、塀として使用することも可能です。
2019年2月に発売されたばかりのSウォールの上に貼って使うことができる他、既存の塀やブロック塀の上から貼ることもできるので、簡単に目隠しフェンスのリフォームをすることもできます。
Sウォールとは、アルミの柱とEPSと呼ばれる発泡スチロールの壁で作られた塀の下地材のことで、120mmブロックとの併用で使用します。表面をアルミ製のエバーアートボードで化粧することで、塀そのものの強度が増します。従来のコンクリートやブロックで作られた壁に貼るときに比べて、もしもの災害時に安全ですので、目隠し塀を新しく設置する場合は、災害に備えて是非エバーアートボードウォールセットで設置されることをおすすめします。
実際の貼った感じが気になる方は、是非タカショーのショールームで実際のエバーアートボードを見てみてくださいね。当社にも、エバーアートボードのサンプルは一部ご用意しております。

エバーアートボード フェンスセット 本体価格 ¥116,000(税別)~

YKK:グリーンフェンス

おしゃれな目隠しフェンスという意味合いでは少し本題からずれるかもしれませんが、環境に優しいフェンスをお探しの方には、YKKの『グリーンフェンス』をおすすめします。
グリーンフェンスは、保水性能を持った陶磁器質[穴あきブロック]を積み上げて作る、環境に配慮した目隠しフェンスです。これから来る暑い夏に向け、一つ一つのブロックが雨水などを保水させ、その気化熱の作用で涼風効果を誘引する仕組みです。簡単に言うと、打ち水と同じ効果です。

別売り品の雨水タンク(200L)を設置すれば、グリーンフェンスへの水分補給用の貯水に活用できるだけでなく、洗車や植物への散水、災害時用の水としても役に立ちます。グリーンフェンスを使った壁面緑化にすれば、さらに涼しげな外観になります。グリーンフェンスの柱・枠のカラーバリエーションは、プラチナステン、キャラメルチーク、ショコラウォールナットの3色展開です。家のサッシやカーポートなどのカラーに合わせると統一感が出ると思います。

グリーンフェンス 本体価格 ¥207,400~

 

どんな目隠しフェンスにしようか悩んだら、フェンスのプロに相談しよう!

数ある目隠しフェンスの中からご自身でフェンスを選ぶというのはなかなか難しいと思います。
まずは、ご自身でインターネットやカタログで好みのフェンスをいくつか選んでみましょう。
家の立地条件や、フェンスを設置する場所によって、選ぶフェンスも変わってくるかと思いますので、悩んだときはエクステリア専門店にご相談いただければと思います。
その際、家の外観写真やイメージ図、敷地図などの図面があれば、エクステリア専門店のスタッフが、より具体的にアドバイスできると思います。

エクステリア(外構)の専門店 ライフ・ランドでは、愛知県の三河地区(岡崎市、安城市、刈谷市、豊田市、西尾市など)を中心にエクステリア(外構)工事を行っています。
お客様の要望をお聞きし、最適な商品を無料で御見積させて頂きます。もちろん工事までしっかり手配させて頂きます。弊社ショールームにはフェンスのカタログもご用意しております。ぜひそちらも一度ご覧になり、参考にしてみてください。
ご不明な点などありましたらエクステリア(外構)のスタッフがしっかりとご説明させて頂きますのでご安心ください。

この記事が、最適なフェンス選びのお手伝いができるよう、みなさんのお役に立てば幸いです。

この記事を見た人は、こちらの記事もオススメです

カーポート・ガレージの施工例はこちら